10月15日

昨日はコーラスの日だったが、お休みした。
一日中家にいたので、iPhoneのメモに俳句を入れて行った。
今まで行ったところ、これから行くところに思いを馳せた。
次々と作句した。
いい出来のものも、も一つのものも自分の覚書としてここに書く。
iPhoneのメモをメールでパソコンに送り、それをコピペした。
なので、作句した順である。

温室のラジオ流るるシクラメン

初めてのスノーシューには白馬山

行者小屋満天の星凍てつきぬ

行者小屋秋の星空澄み渡る

あと一歩登る山頂冬化粧

見上げれば満天の星行者小屋

木曽駒のパノラマの山秋高し

初富士やご来光見て拝みけり
(典型な類型的な表現だ)

初夢や一度は見たい富士の山

バラの園アップロードや笑う友

バラの園アップロードや香りまで

ロンドンや人種の坩堝夏の苑

五時になりもみじのメロディ子ら帰る

そっけない息子の電話秋の夕

幾らでも作句できそう秋の夕

最後良し全て良しとは彼岸花

今日も留守一人で過ごす夜長かな

あれもしてこれもと言いつ年の暮れ

あれこれと言いつつも歳重ねつつ

あれこれとはや共白髪初詣で

今年こそ誓いつつ歳重ねつつ

今日の新聞でやなせたかし氏の訃報を知った。
アンパンマンが放映化されて、人気が出たのが、氏が60歳を過ぎてからだという。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by helenesaku | 2013-10-16 10:11 | 俳句

俳句と英語俳句


by helenesaku