雨水・鷹俳句会5月号投句分

シャーベット踏みしめ歩く雨水かな

銀世界ただ一輪の梅咲けり

駐車場一輪梅のおくゆかさ

庭の片隅紅白の梅匂いけり

チューリップ雪に埋もれてけなげなり



鷹俳句会5月号投句分、覚書。


灯台の水仙の道続きけり

島影も凍れる鳥羽の風の音

寒風に群れて飛ぶ鳥伊勢の海

定期船待合室の椿かな

青空の塀の水仙風の島

冬の浜人ひとりとも会わぬ午後
[PR]
by helenesaku | 2014-02-20 12:27 | 俳句

俳句と英語俳句


by helenesaku