今日の季語…一の午

今日の季語は一の午です。初午。

スキー研究会の先輩が金曜日に突然お亡くなりになりました。
先月、スキー旅行をご一緒して、お元気にスプールを描いでいらっしゃったのに…
娘さんからの連絡に絶句してしまいました。
五年前に親しい友人も若くして風のように、去ってしまって。
人生のはかなさを深く感じ入りました。
ご冥福を心よりお祈りいたします。


一の午通夜の帰りや星の影


歳時記からの抜粋
二月初めの午の日。
この日行われる神事をいう。稲荷神の信仰は、農耕を司る倉稲魂神うがのみたまのかみを祀ってを五穀豊穣などをるものであるが、狐神の俗信も習合し、全国で広く行われるようになった。京都の伏見稲荷大社では、稲荷山の神杉の枝を験の杉として頒ち、沿道は土産物を売る市で賑わう。





[PR]
by helenesaku | 2017-02-12 22:27 | 俳句

俳句と英語俳句


by helenesaku