初夏

5月に入り、一年で1番いい気候になり、爽やかな風が耳に心地よいです。
澄んだ水色の空に上半分の半月が白く輝いていました。
清々しい思いになり、立ち止まり、月を見入ってしまいました。月は秋の季語ですが、この場合は初夏と限定しているので、いいと思います。

初夏や真昼の月の白き様





[PR]
by helenesaku | 2017-05-10 14:22 | 俳句